赤ら顔には保湿欲の高いCCクリームがおすすめ








赤ら顔には保湿力の高いCCクリームがおすすめ


赤ら顔には保湿力の高いCCクリームがおすすめ
赤ら顔は、過度の緊張やストレスで
血管の収縮が激しくなって
起こることも多いですが、

後天的に赤ら顔になった場合は
肌の乾燥が原因
となることも多いです。



洗顔やスキンケアの時に
肌をこすりすぎたり、

ニキビや吹き出物を治すために
洗浄力の強い洗顔料を使ったりすると、

バリア機能が低下して
乾燥肌になってしまいます。



乾燥肌になると、少しの刺激でも
炎症が起きやすくなる
ため、
例えばメイクをするだけでも
皮膚が敏感に反応して赤くなります。


隠そうとしても隠せない、
乾燥肌による後天的な赤ら顔には
保湿効果の高い
CCクリームがオススメ
です。





CCクリームはBBクリームより保湿効果が高い



CCクリームは、BBクリームの
進化版とも言えるアイテムで、

CCクリームにはBBクリームよりも
保湿成分など、肌に働きかける成分が
豊富に配合
されています。

CCクリームはBBクリームより保湿効果が高い

BBクリームはもともと
医療用に開発されたもので、

手術など皮膚の傷や怪我を隠して
保護するためのファンデーションです。



簡単に言えば、BBクリームが持つ
保湿機能をアップし、
さらにカラーコントロール機能を
加えたのがCCクリーム
です。





CCクリームには保湿+カラーコントロール機能もある



赤ら顔体質じゃなかったのに、
急に赤ら顔になってしまったのは、
ほとんどが肌の乾燥が原因
です。



CCクリームに配合される保湿成分は
メーカーごとに違いますが、

保湿力に優れているので
乾燥肌の改善効果が期待できます。



さらにBBクリームよりも
肌の色を補正する
カラーコントロール機能が高いので、
しっかり保湿をしながら
赤ら顔も隠すことができます。



普通のファンデーションだと、
赤ら顔を隠すために、
コンシーラーを塗って、
リキッドファンデーションを塗って、
最後にパウダーで
仕上げるのが一般的です。

CCクリームには保湿+カラーコントロール機能もある

しかし、このように重ね塗りをすると、
肌に負担がかかって
乾燥肌が悪化してしまい、
余計に赤ら顔がひどく
なってしまいます。



赤ら顔はとにかく負担をかけずに、
外部の刺激から守りながら
しっかり保湿することが重要です。



CCクリームはこれ一つで
保湿機能と
カラーコントロール機能が
得られる
ので、

厚塗りする必要はなく、
肌への負担もありませんから、
赤ら顔メイクにはオススメなのですね。



  >>みんなが選んでいる!最新のCCクリームはどれ?