CCクリームランキングおすすめNAVI








CCクリームとBBクリームの違いと効果を徹底比較


リキッドファンデーション 定番のBBクリームに対し、
最近は美容雑誌などで注目を集めている「CCクリーム」。


似たような名前の「クリーム」ですが、
この二つ、どのような違いがあって、
どっちのクリームが肌にいいのでしょうか?


こちらでは、CCクリームとBBクリームの違いを
徹底検証します。




BBクリームは肌トラブルを隠す「リキッドコンシーラー」


BBクリームは、

「Blemish(=傷) Balm(=香油)」の略。


肌の気になる部分を保護して
隠すことで肌をきれいに見せるクリームです。


カバー力がBBクリームの特徴
いうならば、リキッド版のコンシーラーというイメージです。


もし、あなたの肌にしみやそばかす、ニキビ跡、
くすみや赤みなどがあるなら
BBクリームは、あなたの肌のお悩みを
しっかり隠してくれるでしょう。


BBクリームを使うことで、肌が均一になり
まるで陶器のようなつるんとした肌にしあがります。



しかし、BBクリームのマットなカバー力は
しっかりメイクや厚塗りにみえてしまうのが
苦手という方も少なくありません。




CCクリームを使えばナチュラル美肌に!


OKする女性 CCクリームは、BBクリームのように
明確な定義はありません。


ですので、メーカーによって
「Color Control(=色のコントロール)」や
「Color Correcting(=色の補正)」
「Complete Clearness(=完璧な透明感)」など 

意味はそれぞれ。


しかし、共通していえることは
CCクリームを使うことで、

顔の肌の色を補正
肌全体のトーンを整えながら

ナチュラルに肌を
きれいに見せる効果がある
ということ。



CCクリームは、「カバー」というより
肌の色を整える効果があるクリーム
なんですね。


ですので、すごくナチュラルに肌を整える効果があり
まるですっぴんのような
ナチュラルメイクに仕上がり
ます。



また、CCクリームには、保湿効果のある成分や
しわを予防するアンチエイジング効果のある
美容成分が含まれています。


ですので、メイクをしていても
素肌ケアができる
というのも
CCクリームの魅力といえるでしょう。



特に、保湿効果の高いCCクリームが多いので
敏感肌や乾燥肌に悩んでいる方には
CCクリームはおすすめですよ。



他にも、CCクリームの多くは、
UVケアがきちんとできるのも特徴です。


種 類 CCクリーム BBクリーム
意 味 「Color Control (=色のコントロール)」
「Color Correcting (=色の補正)」
「Blemish (=傷)
 Balm (=香油)」
 
特 徴 ・赤み・くすみなど顔色を補正する
・肌のトーンをアップし、美肌に見せる
ナチュラル仕上げで美肌
・美容成分配合でスキンケア効果もある
・軽い使用感で肌への負担も軽い
・薄付きで肌を美しく整える「化粧下地」
・肌トラブルをしっかりカバー
・マットな仕上がりでしっかりメイク
・紫外線などをカットし肌を守る
重たい使用感で「塗っている感」もある
・コンシーラーのリキッド版のような使い心地






CCクリームとBBクリーム どっちがいい?


では、BBクリームとCCクリーム。
どっちを選べばいいのでしょうか?



もし、あなたがマットなメイクがお好みだったり、
気になる肌トラブルがある
場合には、

傷を保護する効果もある
BBクリームがおすすめ


カバー力はの高いBBクリームは
しっかりメイクで、
あなたの肌を陶器のように
きれいに見せてくれますよ。



女性
しかし、ナチュラルメイクが好きな方には

CCクリームが最適です。


CCクリームを使うことで
さらさらしたナチュラル美肌になれますよ。


他にも、肌があまり強くない方や
乾燥や肌老化が気になる方などは、

美容成分もたっぷり入った
CCクリームで肌をケアするのがいいでしょう。



  >>みんなが選んでいる!最新のCCクリームはどれ?